ニュース

2019.07.15

アウディ フェイスリフト版RS5を公道テスト 来年発売へ

編集部より

先日アウディRS5の再販が報じられましたが、早くもそのフェイスリフト版の公道テストが目撃されました。内外装に小変更が確認されますが、搭載されるエンジンは2.9ℓV6ツインターボのままで、若干パワーアップが期待される程度のようです。

内外装に小変更 エンジンは変わらず

アウディは数週間前に英国におけるRS5スポーツバックの販売を再開したばかりだが、そのフェイスリフト版のプロトタイプがすでに目撃された。この4ドアRS5には内外装に2019年型A4とも共通する改良が加えられている。

RS5スポーツバックの追加によりA4およびA5のラインナップが完成することになる。プロトタイプの偽装はそれほど厳重ではなく、ヘッドライトやテールライト、それにバンパー形状の変更が確認できた。

車内における変更点の中心となるのはMMIインフォテインメントシステムの搭載だ。先代のロータリー式コントローラを廃し、10.1インチのタッチスクリーンに置き換えられているようだ。そして新しい運転支援装備も多数搭載される。

ただし、450psの2.9ℓV6エンジンに変更はないようだ。このユニットは最近WLTPへの適合を終えて欧州市場に復帰したばかりであり、2020年以降のモデルに微粒子フィルターが装着されるほかはそのまま使用される。

最高出力が大きく変わることはないとみられるが、小変更によりパワーが若干向上する可能性はある。このセグメントにおける競争が500ps級へと拡大していることが理由だ。現行RS5でもすでに0-100km/h加速は4秒を下回ることから、新型も同等以上のスペックを持つことは確かだ。

2020年型RS5は今年中のモーターショーで発表、来年初頭に発売されるとみられている。

 
最新海外ニュース

人気コンテンツ