海外ニュース

2019.05.03

450ps V8に四輪駆動 アウディRS5の中古車 高性能ゆえのメンテナンスとは

編集部より

クルマの持つパフォーマンスと中古車価格とを比べたとき、バーゲンプライスともいえそうなのがアウディRS5だとするのは、英国編集部のジョン・エバンス。しかし高性能なだけに、メンテナンスが充分に施されていないクルマには、いつも以上に充分な注意が必要でもあります。

もくじ

新車のフォード・フィエスタか中古のアウディRS5か
高性能の維持に欠かせないメンテナス
アウディRS5クワトロの中古車 購入時の注意点
専門家の意見を聞いてみる
知っておくべきこと
いくら払うべき?
掘り出し物を発見

新車のフォード・フィエスタか中古のアウディRS5か

新しい68psのフォード・フィエスタ3ドア1.1スタイルが1万4000ポンド(203万円)で買える一方で、8年落ちとはいえ、450psを誇る自然吸気4.2ℓV8エンジンを搭載したアウディRS5クワトロSトロニック・クーペが近似する価格で購入できるとしたら、読者はどちらを選ぶだろうか。確かに中古車だし、8年も前のクルマではあるが、一見の価値はあると感じるひともいると思う。

今回見つけたフィエスタの金額で買えるクルマは、24万km以上の走行距離を刻んでいるとはいえ、主に高速道を走ってきたようだし、ワンオーナー車で整備記録もしっかり残っている。しかも新品のピレリPゼロを履いていて、エンジンはカーボンクリーニングを施してある。オプションも多数搭載しており、新車時なら総額で6万5000ポンド(942万円)になるクルマだ。オーナーはその価値を理解し、所有していることに満足していただろう。

「掘り出し物を発見」の欄で紹介しても良さそうだが、走行距離が多いだけに、このガイドを読み込んでいるような目利きの読者ならリスクも理解しているとは思うものの、やめておいた。価格も更に手頃な、フェイスリフト前の前期モデルという魅力的な選択肢もあるためだ。

V型8気筒エンジンを搭載したアウディRS5クーペが発表されたのは2010年。その2年後にフェイスリフトを受けており、大きなシングルフレーム・グリルとバンパーのデザインが変更され、10スポークの19インチアルミホイールが装備されるようになった。ヘッドライトのデザインもよりアグレッシブなものになっている。またインテリアにも、当時最新だったアウディのマルチメディア・インターフェイス・システムが導入されている。

next page高性能の維持に欠かせないメンテナス

すべての画像をみる

 
最新海外ニュース

人気コンテンツ