次期ジャガーFタイプ コンセプトカーのC−X75は好適か? 現行は3年継続

2019.09.23

サマリー

ミドシップ・レイアウトにハイブリッドを搭載したイアン・カラムによるコンセプトモデルが、次期Fタイプへと発展するかもしれません。次世代のポルシェ911の対抗馬としての競争力を得ることができるのか。その可能性を探ります。

もくじ

ミドシップかフロントミッドシップか
今後3年間は継続生産される現行Fタイプ
BMWとの連携という可能性も

ミドシップかフロントミッドシップか

translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

ジャガーは次期Fタイプとして、ミドシップ・レイアウトを検討している。加えてかつてのコンセプトモデル、C−X75のデザインを盛り込むことも考えているらしい。

ジャガーのデザイナーとエンジニアは、次世代のポルシェ911のライバルとして、Fタイプの方向性に関する重要な決定をしようとしている。現在のFタイプはフロント・ミドシップだが、それを踏襲するか、ミドシップとし純EVかハイブリッド・システムを搭載するか、という内容だ。

現行のジャガーFタイプ
現行のジャガーFタイプ

AUTOCARはプロジェクトに近い人間が、後者の選択肢を好んでいることを把握している。デザイン・ディレクターを務めていたイアン・カラムによれば、新ディレクターのジュリアン・トムソンとともに、次期スポーツカーの大枠を決めたことを話してくれた。

「C−X75に近いものになるでしょう。ジャガーには、フロント・ミッドシップというスポーツカーの雛形がありますが、わたしはミドシップが良いと思っています。個人的にも期待するクルマです」 とイアン・カラムは答えている。

現在ジャガーは最低でも2つのアプローチを検討していることになる。1つはイアン・カラム好みの、ショートノーズで純EVを含む電動化されたミド・エンジン・レイアウト。もう1つは長いボンネットを持つ、フロントエンジン。ハイブリッドのV8が載る可能性もある。

 
最新海外ニュース

人気記事