[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

テクノロジー業界の偉人たち 愛車まとめ 垣間見えるのはそれぞれの個性

2019.11.04

100字サマリー

今回は現代のテクノロジー業界を代表する偉人たちの愛車をご紹介します。類まれな才能によって巨万の富を築いた彼らですが、その愛車選びにもそれぞれの個性を垣間見ることが出来ます。テクノロジー好きらしい選択に納得する一方、意外な選択には驚かされます。

もくじ

現代の偉人たち
ビル・ゲイツ(Microsoft共同創業者):ポリシェ959
ジャック・ドーシー(Twitter共同創業者):BMW M3
セルゲイ・ブリン(Google共同創業者):テスラ・モデルX
ラリー・ペイジ(Google共同創業者):テスラ・ロードスター
マーク・ザッカーバーグ(Facebook共同創業者):ホンダ・フィット
ラリー・エリソン(オラクル共同創業者):レクサスLFA
スティーブ・バルマー(元マイクロソフトCEO):フォード・フュージョン・ハイブリッド
ジャック・マー(アリババ創業者):Roewe RX5
マイケル・デル(デル創業者):ポルシェ・カレラGT
ジェフ・ベゾス(Amazon創業者):ホンダ・アコード
ダスティン・モスコヴィッツ(Facebook共同創業者):フォルクスワーゲン・ゴルフR32
イーロン・マスク(テスラCEO):ロータス・エスプリ(写真)
ジョニー・アイブ(元Apple最高デザイン責任者):ベントレー・ミュルザンヌ
エヴァン・シュピーゲル(Snap共同創業者):フェラーリF12
ティム・クック(Apple CEO):BMW 5シリーズ(F10)
ショーン・パーカー(ナップスター共同創業者):アウディS5
スティーブ・ジョブズ(Apple創業者):メルセデスSL55 AMG
フィル・シラー(Appleマーケティング担当上級副社長):ポルシェ911 GT3 RS
ジョン・マカフィー(マカフィー創業者):ベントレー・アズール
カルロス・スリム(実業家):ベントレー・コンチネンタル・フライングスパー

現代の偉人たち

まさに現代のテクノロジー業界を代表する偉人たちだ。

彼らは世界的なソーシャルネットワークやテクノロジー企業を創り出すことで、巨万の富を築くことに成功している。

メルセデスSL55 AMG
メルセデスSL55 AMG

今回ご紹介するのはこうした偉人たちの愛車であり、それぞれの趣味を垣間見ることが出来るだろう。

なお、特にことわりが無い限り掲載写真はサンプル車両のものだ。

ビル・ゲイツ(Microsoft共同創業者):ポリシェ959

マイクロソフト共同創業者はじめての愛車は、このソフトウェア業界の巨人が産声を上げた1970年代半ばに手に入れたポルシェ911であり、彼はこのクルマに乗ってスピード違反で検挙されている。

以来ゲイツは熱心なポルシェのコレクターであり続けており、長年にわたって930ターボといった数々の名車を手元に置いてきている。

ポリシェ959
ポリシェ959

なかでももっとも有名なのが959であり、米国の規制をパスすることが出来なかったために、当初このモデルの輸入は許可されなかった。

彼の努力が功を奏した結果、希少で歴史的価値を持つ車両に関しては、年間走行距離が4000km以下であれば「ショーと展示」を目的に輸入が許可されるようになったが、この特別ルールはいまも健在だ。

その他にもゲイツはテスラ・モデルXを所有するとともに、Netflixの新シリーズ、「ビルの頭のなか」ではメルセデス・ベンツSクラスを運転する姿を披露している。

 
最新海外ニュース