[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

独断と偏見で選ぶ 英国版AUTOCARお気に入り50台 5〜1位 中編

2019.09.08

100字サマリー

今回だけはジャーナリストのルールを無視して、英国版Autocar編集部が独断と偏見で選んだいま英国で購入することの出来る新車ベスト50台をご紹介します。ランクインした多くが納得のモデルであり、最後に残った5台にもご賛同頂けるのではないでしょうか。いよいよトップ5の発表です。

もくじ

驚きは変わらず
スポーツカーのランドマーク
期待に応える
独特な存在

驚きは変わらず

より新しいE90とF30ではさらに洗練されてはいたものの、他のライバルとの違いを明確に打ち出すことには失敗しており、ドライバーだけでなく、他のパッセンジャーにとっても懸念の残る仕上がりに留まっていたが、G20世代になって、ふたたびE46世代までの方向性へと完全に回帰している。

その結果がこのクルマのハンドリングであり、相応しい道さえあれば、思わず後ろを振り返って本当にこれは狭苦しいリアスペースしかもたないスポーツクーペではなく、4ドアサルーンなのかと確かめずにはいられなくなるほどの自信と正確さを感じさせてくれる。

A110にはより速く高価なスーパーカーをも凌ぐ魅力が備わっている。
A110にはより速く高価なスーパーカーをも凌ぐ魅力が備わっている。

まさに、15年ぶりに再会する本来の3シリーズであり、ルックスからはそうは思えないかも知れないが、多くの点でトップ5台のなかでもっとも驚かされたモデルでもあった。

一方、もっとも驚きが少なかったのがアルピーヌA110であり、この時代を変革する小さく見事なスポーツカーに対する賛辞の嵐に、これ以上何か付け加えるべきことがあるとすれば、おそらくそれは、こうしたすべての称賛や、多くの距離をこのクルマのステアリングを握って走り回り、数カ月をともに過ごすことで、すでに履き古したスリッパのように慣れ親しんだ後でさえ、このクルマに対する驚きは変わらないということだけだろう。

 
最新海外ニュース