国内ニュース

2018.08.08

7月の輸入車販売、4位に入った日本ブランドは? 「2018年7月に売れたインポートカー」

編集部より

新車販売クイズです。7月のインポートカーの販売で、M・ベンツ、BMW、VWに続いたのは日本ブランドでした。どこだと思いますか? 7月の販売台数ランキングをレポートします。

Q:輸入車の7月の新規登録台数でM・ベンツ、BMW、VWに続く台数を記録した日本ブランドは?

text:Naojiro Onuki(大貫直次郎)

A:トヨタ。前年同月比58.5%増の2151台を記録。

BMWミニの1802台(前年同月比6.3%増)、アウディの1503台(同18.3%減)を上回り、全体のブランド別の第4位にくい込んだ。

外国メーカー車の新規登録台数 2カ月ぶりプラス

輸入車の新車販売は全般的に回復傾向だ。日本自動車輸入組合(JAIA)がまとめた2018年7月の外国メーカー車の新規登録台数は、前年同月比4.2%増の2万1869台と2カ月ぶりの前年実績超えを達成。日本メーカー車含でも同10.1%増の2万6895台と、4カ月連続でのプラスを成し遂げた。

輸入車市場の動向ついてJAIA関係者は、「7月の輸入車販売は、外国メーカー車と日本メーカー車ともにプラスを記録した。外国メーカー車は新型車や特別仕様車の販売が堅調に推移。ドイツ勢に加えてフランスやイタリア、英国のブランドが健闘している。一方で日本メーカー車は好セールスを継続し、前年同月比46.3%増の5026台を達成する。牽引したのはトヨタとホンダと三菱自動車で、トヨタは同58.5%増の2151台で全体の第4位、ホンダは同7055.6%増の1288台で第8位、三菱自動車は同45.8%増の350台で第15位に入った。価格帯別では400万円以上1000万円未満がとくに好調。人気の高いSUVモデルなどがこの価格帯に多いことが、好成績となって表れている」と解説。

今後の見通しについては、「輸入車市場全体としての受注は、SUVモデルを中心に比較的順調。また、販売を伸ばしそうなニューモデルが各ブランドから随時リリースされる予定なので、これらがどれくらいセールスを伸ばすかがカギになる。好調なブランドが精力的にディーラー網を再編し、さらに新たな販売キャンペーンを実施していることもプラス要素。一方、アメリカ発の貿易問題の成り行き、それに伴う株価の乱高下や円高の進行などによって市場の消費意欲がどうなるかは懸念材料」と指摘した。

next page7月「インポートカー」新規登録ランキング

すべての画像をみる

 
最新国内ニュース

人気コンテンツ