アルピーヌA110新型、国内最速試乗 4C/エリーゼよりもケイマン寄り

2018.08.04

100字サマリー

新型アルピーヌA110のプルミエール・エディション。いわゆるファースト・モデルで50台限定のモデルです。ブルーのみの設定ですが、テスト車は今後カタログモデルに設定されるホワイトのボディ色。吉田 匠が一般道/高速道路/ワインディングを試乗し、評価をくだします。

もくじ

アルピーヌA110とは
コクピットに収まる
4Cよりもケイマン寄り
ひとつだけ期待外れなこと
ハンドリングはどうだろう?
新型A110、「買い」なのか?
アルピーヌA110プルミエール・エディションのスペック

アルピーヌA110とは

フランス北西部、大西洋に面した港町ディエップのルノーディーラーの息子に生まれたジャン・レデレなるモータースポーツ好きの男が、リアエンジンのルノーをベースに生み出したラリーやロードレースで勝つためのスポーツカー、それがアルピーヌだった。

その創立は1955年。代表作といえるA110は1963年にデビュー、70年代前半のラリーで大活躍したのち、77年まで生産された。その間にアルピーヌはルノーの傘下に入り、A110はその生産終了からおよそ40年後の今日、ルノーのバックアップをうけて甦った。

オリジナルのA110は、1.3〜1.8ℓ直4エンジンをリアアクスル後方に縦置きしたリアエンジン後輪駆動。車体は金属製バックボーンフレームにFRPボディというレーシングカーに近い簡潔な構造で、車重は600-700kgしかない超軽量車だった。

新型A110は、ルノー-日産アライアンスによる1.8ℓ直4ターボをコクピット直後に横置きするミドエンジン配置を採用。車体はこのクルマのためだけに開発されたアルミフレームにアルミボディを組み合わせるという、現代的な軽量構造を採っている。

1.8ℓの直4直噴ターボエンジンは、アルピーヌとルノースポールの共同作業によってチューンされ、252ps/6000rpmのパワーと32.6kg-m/2000rpmのトルクを発生、7段DCTと組み合わせられて後輪を駆動する。公表されたパフォーマンスは、0-100km/h加速が4.5秒、最高速がリミッター制御250km/h。

ボディサイズは4205×1800×1250mm、ホイールベース2420mmで、オリジナルよりはだいぶ大きいが、今日の標準ではコンパクトな部類。車重は最軽量仕様で1080kg、豪華装備の初期モデル、プルミエールエディションで1110kgというから、これも今日的標準では充分にライトウエイトだ。ちなみに前後重量配分は44:56という良好な数字になる。

世界限定1955台、日本限定50台のプルミエールエディションのプライスは790万円だが、1021人から購入希望の応募があり、すでに抽選も終わっているので、購入はできない。

 
最新試乗記