国内ニュース

2018.08.09

マツダ 燃費/排ガス、改ざんなし 検査データ「一部不適正」も影響なし

編集部より

マツダは、7月9日に国土交通省から要請を受けた「燃費及び排出ガスの抜取検査の不正事案を受けた確認の実施等について」に基づき、燃費および排出ガスの抜取検査についての調査結果を国土交通省へ報告しました。結果、「改ざんはなし」。一部データの扱いに「不適切」なものがありましたが、諸元に影響はありませんでした。

もくじ

おもな報告内容
再発防止策
マツダの声明

マツダは、7月9日に国土交通省から要請を受けた「燃費及び排出ガスの抜取検査の不正事案を受けた確認の実施等について」(国自審第674号)に基づき、完成検査に係る燃費および排出ガスの抜取検査についての調査結果を国土交通省へ報告した。

おもな報告内容

JC08モードおよびWLTCモードについて調査を実施。以下を確認した。

1、いずれのモードにおいても、検査データ不正書き換え(改ざん)はなし
2、JC08において、一部の検査データの取り扱いに適正を欠いたもの(速度トレースエラー)が調査台数1472台中72台存在。なお、すべての検査データを再検証した結果、燃費および排出ガス諸元値への影響がないことを確認。WLTCにおいては、上記の事案は存在せず。

再発防止策

・速度トレースエラーが生じた場合、測定結果をシステムで自動的に無効にする機能の追加
・速度トレースエラーを含めた検査データの複数の検査員によるチェックを実施

マツダの声明

「このたびの事案により、お客さまをはじめ当社に関係するすべてのステークホルダーの皆さまに、ご心配をおかけすることになりましたことを深くお詫び申し上げます。マツダは、本事案を重要な問題と捉えており、このような事案が今後発生することのないよう再発防止に努めてまいります」とコメントしている。

 
最新国内ニュース

人気コンテンツ