国内ニュース

2018.11.16

ランドローバー・ディスカバリー2019年モデル ドライバー支援充実 40台だけの限定車も

編集部より

7人乗りのフルサイズSUV「ランドローバー・ディスカバリー」の2019年モデルが登場。ドライバー支援システムを充実させました。また、ブランド誕生70周年を記念した特別仕様車も発売されます。

11/16〜受注開始

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、定員7人のフルサイズSUV「ディスカバリー」2019年モデルの受注を開始した。

2019年モデルでは、エマージェンシーブレーキをはじめ、レーンキープアシスト、車線変更時に死角に車両を検出すると逆方向の操舵力をかけるブラインド・スポット・アシスト、360度パーキングエイド、パークアシスト(縦列駐車・出庫/並列駐車支援システム)、サラウンドカメラ、アダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)など充実したドライバー支援システムを標準装備している。

新たな機能として、制限速度や追い越し禁止の標識をインストルメントクラスターやヘッドアップディスプレイに表示するトラフィックサイン・レコグニション、後部座席の乗員が降車する際に、接近するクルマや自転車を検知して注意を促すクリアエグジット・モニターを追加し標準装備。車線を認識して中央の走行を維持し、時速30km/h以上であれば車線のない道路でも前方車両を追従するステアリングアシスト機能付きACCを、オプションで用意している。

また最上位グレードの「HSEラグジュアリー」は、エクステンデッドレザーを標準装備し、高級感を増した車内空間に仕上げている。

さらに40台だけの限定車も登場した。

next page限定車ゴウ-アウト・エディション

すべての画像をみる

 
最新国内ニュース

人気コンテンツ