フォルクスワーゲンCC 1.8TSI

公開 : 2012.11.20 17:50  更新 : 2017.05.29 18:58

いちばん大きく変わったのは、車名かもしれない。“パサート”の冠がとれて、当初からVolkswagen CCだった北米(特によく売れた)でのやりかたに他市場でも統一された。「32万台も売れたから」というのもあった。要は、一本立ちさせられたということか。プレス向けの資料には、「フェートン(日本未導入)とパサートとの間に位置する……新たなフラッグシップモデルとして再定義された」と書かれている。

パサートCC日本仕様には、2.0ℓ直噴ターボのFFと3.2ℓV6直噴自然吸気の4WDの2種類があった。CCは1.8ℓ直噴ターボのFFだけ。トランスミッションは7段DSG。スタート&ストップやコースティングの制御はナシ。市販品ポン付けではない純正ナビも標準装備で499.0万円。プリクラッシュブレーキシステムとレーンチェンジ&キープアシストシステムとアダプティブクルーズコントロールのセットがついたテクノロジーパッケージは524.0万円。差額25万円。

パサートCCの後期から3人掛けになった後席が「2人掛けの頃のほうが座り心地はヨカッタなあ」というのはあるけれど、座った感じは基本、相変わらず。実用セダンの運転席や後席に座っているのではないことは、およそ誰にでもわかる。そして運転した感じは、簡単にいうと「背の低いパサート」。それと、ちょっと高級そうな。

パサートCC(特にFF)は、フツーのVW車と違って嬉しそうに曲がるというおもしろさがあった。箱根スカイラインを走ってメチャクチャ楽しかったしビックリした。「こんな走りのフォルクスワーゲンはかつてなかった!!」とかいって。

セダンやワゴンと較べて重心が低いこと、さらにヘビーな積載を前提としなくていいタイプの車型であること、などからああいう走りにチューンすることができたのかと考えていた。ニッチ商品だから「こういう走りもアリでしょ!!」で、ああなったのかとも。しかし、今回のは特にそうでもなかった。だから「背の低いパサート」。

ということでCC、フツーになった(なってしまった)。「パサート一家の遊び人ではもうないのだから、これからはオマエも……」みたいなことなのか。

フォルクスワーゲンCC 1.8TSI

価格 499.0万円
0-100km/h 8.5秒
最高速度 223km/h
燃費 13.9km/ℓ
CO₂排出量 167g/km
車両重量 1540kg
エンジン形式 直4DOHCターボ, 1798cc
エンジン配置 フロント横置き
駆動方式 前輪駆動
最高出力 160ps/4500-6200rpm
最大トルク 25.5kg-m/1500-4500rpm
馬力荷重比 104ps/t
比出力 89.0ps/ℓ
圧縮比 9.8:1
変速機 7段DCT(DSG)
全長 4815mm
全幅 1855mm
全高 1425mm
ホイールベース 2711mm
燃料タンク容量 70ℓ
荷室容量 532ℓ
サスペンション (前)マクファーソン・ストラット
(後)4リンク
ブレーキ (前)φ312mmVディスク
(後)φ282mmディスク
標準タイヤサイズ 235/40R18

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事