スパイカーに破産宣告

公開 : 2014.12.19 22:40  更新 : 2017.06.01 02:11

オランダのスーパーカー・メーカー、スパイカーが破産宣告を受けた。今月はじめに会社更正手続を申し立てたが、現時点で資金を提供してくれそうな投資元は現れていない。

しかし、会社の創始者であり最高責任者でもあるビクター・マラーは、「15年前にスパイカーを設立してから、スポーツカー事業を設立してきた。そして、その目標を達成してきた。私は、今回の件で、終わったとは思っていない。」と楽観的なコメントを残している。

今後は、電気航空機メーカーなどとの連携を模索していく模様で、その技術を使った革新的なEVモデルの開発にも意欲的だ、

スパイカーは、ポルシェ911のライバル的存在となるB6ヴェネターの生産を開始する予定だった。380psのV6エンジンをミドに搭載したスポーツカーは、2013年のジュネーブ・モーターショーで公開され、£125,000(2,330万円)のクーペと、£135,000(2,520万円)のスパイダーが生産されることとなっていた。