インフィニティQ70 2.2Dプレミアム・テック

公開 : 2015.02.06 23:40  更新 : 2017.05.29 18:28

■どんなクルマ?

日本でいうところの5代目日産シーマであるインフィニティQ70は、インフィニティが展開するモデルのなかでも大型エグゼクティブ・サルーンの部類に属する。

今回テストするのは、フェイスリフト直後の2015年版。ドイツのライバルを見据えたうえで開発しなおされたモデルだ。

2014年まではお世辞にも目立った存在ではなかっただけに、このモデルからはアウディA6やBMW 5シリーズ、メルセデス・ベンツEクラスと対等に渡り合っていけることを望んでいるのだそう。

そのためにまず着手したのはトリム・レベル全般のブラッシュアップ。さらにルックスをシャープにし、洗練性を高める努力をしている。なかでも大きなニュースなのは、メルセデス製の4気筒ディーゼル・ユニットを鼻先におさめた点だ。

インフィニティいわく、ヨーロッパ内における売上の71%をこの4気筒ユニットを載せたモデルが占めているとのこと。燃費や環境面においても先代の3.0ℓV6より優れた結果をもたらしている。

英国での車両価格は£32,650(587万円)から。これまでの£40,000(720万円)という価格を考えると、明らかに手に入れやすくなっているといっていい。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事