フェイスリフトされたイヴォークが発表

公開 : 2015.02.24 23:40  更新 : 2017.06.01 02:11

ランドロバーはフェイスリフトしたレンジローバー・イヴォークの姿を明らかにした。このモデルは、3月のジュネーブ・モーターショーでデビューする予定だ。

今年後半に発売される改良版のイヴォークはこれまでで最も効率的なランドローバー・プロダクションモデルとなる。ボンネットの下に搭載されるのはJLRの新型4気筒、2.0ℓの “インゲニウム” ターボ・ディーゼル・エンジンとなる。

2輪駆動で148bhpと43.8kg-mを発揮するeD4はマニュアル・モデルで現行モデルのディーゼル・エンジンより18%も燃費が向上している。

また、178bhpと43.8kg-mを発揮するディーゼル・モデルも用意され、こちらは6速マニュアルの4輪駆動となる。

2輪駆動、4輪駆動、アクティブ・ドライブラインという3機種がラインナップされ。アクティブ・ドライブラインは、必要に応じて自動で2輪と4輪とを変更することができる。また、トラクションの低い状況ではトルク・ベクタリングを機能させることができる。

新しいフロント・バンパー、拡大されたエア・インテーク、新たなグリルデザイン、オールLEDアダプティブ・ヘッドライトなど外観の変更は多義に渡る。

新型は、来月のジュネーブ・モーターショーで公開され、価格は現在のモデルに相当する水準になると言われている。

また、2016モデルのイヴォークには、新たにカブリオレ・モデルが導入される。このモデルについては、すでにプロトタイプのテスト風景がキャッチされている。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事