トヨタとマツダ、業務提携に向け基本合意

2015.05.13

今日の午前中にこのウェブでもニュースを流したが、トヨタおよびマツダは、両社の敬遠資源の活用や、商品・技術の補完など、相互にシナジー効果を発揮する継続性のある協力関係の構築に向けた覚書に調印した。

この基本合意では、その具体的な内容まで記されていないが、マツダがSkyActiveテクノロジーをトヨタに供給し、一方トヨタはプラグイン・ハイブリッドと燃料電池のテクノロジーをマツダに供給することになろう。

開発経費を分担することは両方のブランドにおいて有利で、それぞれが得意分野に浮いた費用を注ぎこむことができる。

すでにトヨタはサイオンiAとしてマツダ2をベースとしたモデルを発表している。また、次世代のトヨタ・ヤリスも、マツダ2をベースにしたモデルになると考えられる。

今回の協業検討の合意は、「もっといいクルマづくり」を掲げ、持続的成長に向けた真の競争力強化のために会社を挙げた構造改革に取り組むトヨタと、「カーライフを通じて人々に人生の輝きを提供する」という企業理念を掲げ、「SKYACTIV技術」と「魂動デザイン」を導入し、お客さまに「走る歓び」を提供することを目指しているマツダの思い・姿勢とが一致したことにより、従来の提携の枠組みを超えて「クルマの新たな価値創造」に向けた中長期的な相互協力を目指すもの、とだけ発表されている。

トヨタの豊田章男社長は、「マツダは、『SKYACTIV技術』『魂動デザイン』など、基本にこだわったクルマづくりを進めるとともに、次代を担うクルマ・技術に挑戦し続けておられるクルマ会社と思っています。私たちのめざす『もっといいクルマづくり』を実践されている会社であり、志を同じくする企業同士で新しい『クルマの魅力向上』に取り組めるという期待感で一杯です。取り組みを通じて『次の100年もクルマは楽しいぞ!』というメッセージを世界に発信できれば、こんなに素晴らしいことはありません」とコメント。

一方、マツダの小飼雅道社長は、「トヨタは、地球環境保全、モノづくりの将来に責任を果たされようとする強い意志を持たれた企業です。また、『もっといいクルマづくり』という目標に向け、さらなる革新をされようとする真摯な姿勢に尊敬の念を抱いております。さらには、創業以来地元を大切にし、地元から愛されていることにも共感します。本協業により、さらなる『クルマの魅力向上』が実現でき、お客様にとっての真の価値の向上と広島のモノ造り力の向上にもつながることを期待しています」と語った。

 
最新国内ニュース

人気記事