BMW X2にゴーサイン

公開 : 2015.05.15 22:30  更新 : 2017.06.01 02:09

BMW X2に正式に社長のゴーサインが出されたと関係筋は確認している。

このX2は、現行のX1とX2の間に位置する5ドアのリフトバック・モデルで、2017年の後半にショールームに並ぶことになる。既に開発は、ミュンヘンのR&Dセンターで進められており、残り2年半という期間でリリースできるという。最初のプロトタイプは今週中にも走行テストが可能な状態にある。

「既にわれわれは最初のプロトタイプのフィニッシュにとりかかっている。月末までには実際にテストに供されることになるだろう。」とコメントしている。

X2は、2シリーズ・アクティブツアラー、2シリーズ・グランツアラーに使用されるUKL1プラットフォームを使用する。第2世代のX1と同様に、FWDと4WDが選択可能となる模様。また、エンジンは横置き3気筒および4気筒で、それぞれにガソリンとディーゼルが設定される。また、B48型エンジンのパワーアップ・バージョンをMパフォーマンス・モデル専用として用意するようだ。このB48型エンジンは、標準で231psだが、このX2Mパフォーマンス用としてインダクション・システム等の変更で300psにまでパワーが挙げられる。これによって、ライバルとなるアウディRS Q3に対抗できるパワー・ユニットとなる。

スタイリングに関しては、X4およびX6のデザイン・キューが採用され、大きく傾斜したリア・ウィンドウが特徴。一方、インテリアはX1と共有することとなる。

新しいX2は、BMWの関係筋によれば来年のジュネーブ・モーターショーでプレビューされる予定だという。

 

人気記事