フォルクスワーゲン・ゴルフGTEスポーツ・コンセプト

公開 : 2015.05.15 22:40  更新 : 2017.06.01 02:09

フォルクスワーゲンは、ヴェルターゼ・チューニング・フェスティバルでゴルフGTEスポーツ・コンセプトを発表する。

このゴルフGTEスポーツ・コンセプトは、ポロR WRCから移植された1.6ℓの4気筒ターボ・ユニットと、それぞれのアクスルに搭載した2つの電気モーターによって駆動される。その合計出力は400ps、68.4kg-mだ。トランスミッションは6速DSGデュアルクラッチで、パフォーマンスは0-100km/hが4.3秒、トップスピードは280km/hに達する。また、モーターだけで50kmの走行が可能で、燃費は50km/ℓとアナウンスされている。

ボディはカーボンファイバーを中心に作成され、上方に開くドアはXL1コンセプトと同様だ。そのスタイル・エレメントからは次世代のゴルフを見ることができる。一方、室内にもカーボンファイバーが多用され、ドライバーとパッセンジャー・シートの間には巨大なセンターコンソールがセットされる。レーシング・バケット・シートには5点式のフルハーネスが装備され、ポジションは重量配分を考慮して後方になる。

3つのトランスペアレントのハイテク・ディスプレイが、通常のコンベンショナルなダイアル式のインストルメント・パネルの代わりとなり、スピードおよびクルマの現状が表示されるという。

 

人気記事