セアト・イビーザ1.0 TSI 110

公開 : 2015.06.09 23:20  更新 : 2017.05.29 18:44

リフレッシュしたイビーザのテスト第2弾。111psの3気筒エンジンとVW製DSG、スマートなキャビンが見どころだ。

■どんなクルマ?

先代との外観上の違いといえば、デイライトとLEDテールランプ、2種類用意されたアロイ・ホイールくらいのもの。

しかしエンジンは、7種のガソリン・ユニットと3種のユーロ6対応ディーゼルの10展開。うち6機が完全なる新設計である。

なかでもセアトが強調するのは、1.0ℓ 3気筒エンジンを搭載したVWグループ初の小型車であるという点。75psの自然吸気から111psのターボ(テスト車)まで幅広く用意されている。

乗り心地とハンドリングを改善するために、スプリングやダンパー、アンチ・ロール・バーは見なおされ、ギアボックスは8速DSGを採用。電制パワー・ステアリングが組み合わされる。

英国内におけるトリム・レベルはE、S、SE、トーカ、コネクト、FRの6種。今期のモデル・サイクル終盤にはホット・モデルであるクプラが加わる予定だ。

先代が使用していた古いインフォテインメント・システムは役目を終え、最新の ‘フル・リンク’ マルチメディア・タッチスクリーン・システムがセットされる。

このシステムはコネクトとFRグレードでは標準、それより下のトリム・レベルではオプションとなる。

携帯電話のスクリーンをそのまま映しだすことができ、テキスト・メッセージの読み上げ機能をはじめ、35種のアプリケーションを立ち上げることもできる。

■どんな感じ?

新しい1.0ℓの3気筒ターボは、わずか1500rpmを超えたあたりから力強く立ちあがり、3気筒らしい音をトコトコと奏でる。不快にならない程度にターボ音が聞こえるのも特徴だ。

市街地周辺を低回転域を中心に走る際のレスポンスも申し分ない。2000rpmあたりで20.5kg-mのピーク・トルクが発生する設計であるが、1400〜1800rpm周辺の軽快さも気持ちがいい。

前方が空いたのを見計らって強めにアクセル・ペダルを踏んでみると、3500rpmを境にこれまでの洗練されたコトコト音は不快なトーンに一変する。111psの最高出力が生じる5000rpmでは、ちょっと我慢できない。

 
最新試乗記

人気記事