メルセデス・ベンツGLE250d 4マティック

公開 : 2015.06.25 23:50  更新 : 2017.05.13 12:50

かつての ‘ML’ は、2015年を機に ‘GLE’ と呼ばれるようになった。なかでも、もっともクリーンかつ燃費のいい250dをテストする。

■どんなクルマ?

メルセデス・ベンツGLE250d 4マティックは、これまでML250dと呼ばれていたモデルのフェイスリフト版。もっとも手に入れやすいグレードに位置し、英国での販売価格は£49,280(958万円)からとなる。

このクルマの所属するセグメントの競争は激しい。したがって、たかい競争力を維持するためにも、細やかなアップグレードは欠かせない。今回のフェイスリフトは ‘中期’ にあたるものだ。

外観は、バンパー/グリル/ヘッドライト/ミラーがわずかながらに変更済み。目立った変更点としてはテールライト/テール・パイプなどが挙げられる。

内装は、インストゥルメント・パネルを含むダッシュボードのデザインが変わっており、コントロール系はより現代的に、ステアリングは新たなマルチ・ファンクション式に置き換えられている。

独立型のインフォテインメント・モニターも一目見てわかる変更点のひとつ。内装材の質感も高められており、これは言うまでもなく、2世代目となる新型アウディQ7やBMW X5に対抗するためである。

使用するエンジンは、2.1ℓ 4気筒のコモン・レール・ディーゼル。英国内では合わせて6種のガソリン/ディーゼル/ハイブリッド・エンジンがGLE用に取り揃えられている。最高出力は204ps、最大トルクは51.0kg-mとなる点は、先代と同じである。

 
最新試乗記