BMW i8ベースのFCVがテスト開始

公開 : 2015.07.02 22:30  更新 : 2017.06.01 02:09

BMWは最新の実験車輌を公開した。はじめて明かされたこのプロトタイプは、クラウス・フローリッヒによって率いられるR&D部門が、2020年までの生産を目標とするモデルでもある。

i8ベースをベースに、よりシンプルにしたボディは、もちろんカーボンファイバー製で、ミュンヘンのBMWの風洞で実験が繰り返されたもの。キドニー・グリルと統合したスリムはヘッドランプのフロント・ビューなどは、将来のiシリーズのデザインにも影響を与えるものと思われる。

BMWは技術的な詳細は公表していないが、i8の1.5ℓ3気筒ターボ・ユニットが搭載される位置に、燃料スタックが積まれることは確認されている。パワーは約245psと目される。

BMWはFCVの開発をストップしたと伝えられていたが、トヨタとの合弁会社で、トヨタ・ミライに使用されるのと同じFCVスタックをこのテスト車輌に使用していると思われる。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

        ×