モーガンARプラス4を公開

公開 : 2015.07.25 22:50  更新 : 2017.06.01 02:09

7月24日に行われたシルバーストン・クラシックで、モーガンARプラス4が公開された。このARプラス4は、モーガン設立65周年を記念して作られたモデルで、モーガンのレーシング・ディビジョンであるARモータースポーツが製作を担当する。

エンジンは、モーガンのプロダクション・モデルとしては過去最強の228psを発揮する2.0ℓのコスワース・ユニットが搭載される。パフォーマンスは公式には発表されていないが、900kgを切るボディ・ウエイトだけでに、0-100km/h加速は6.0秒を切ると予測される。

モーガン史上初のコスワース・ユニット搭載モデルとなったARプラス4は、レース志向とはいうものの、公道を一般的に走るための装備はされている。限定生産となり、その数は50台と発表されている。

標準的なプラス4に対し、サスペンション、アジャスタブル・ショック・アブソーバ、ブレーキ、そしてシャシーなどが一新される。また、マット・ブラックにペイントされた16インチ・ホイール、アルミニウム製フロアとドア・パネル、ARモータースポーツのステッカー、ユニオン・ジャックのバッジ、フットウェル・ライトなどが専用装備となる。更に、ロードユースでの騒音を抑えるためにインシュレーターも変更されている。ヘッドランプとテールランプはLED製となり、本革とアルミニウムが主な素材となるインテリアも、今回新たに見なおされている。

価格は£54,995(1,050万円)からで、既にオーダーの受付は開始されている。