フォード・エクスプローラーを大幅改良し発売

2015.10.07

フォード・ジャパン・リミテッドは、SUVモデルのエクスプローラーを大幅改良し、10月31日に発売する。

今回のマイナーチェンジでは、“Rugged(ラギッド=力強さ)” というキーワードのもとにエクステリアを刷新。フロント・グリルやLEDヘッドランプを採用したほか、ルーフレールやリア・スポイラーを改良し空力性能を向上した。

インテリアは新開発のドアシールの採用により静粛性を向上。1列目にはマッサージシート、2列目にはシートヒーター(LimitedとTitanium)を装備した。

パワートレインは、FWDモデルのXLT EcoBoostが、261ps、42.8kg-mを発揮する2.3ℓEcoBoost™エンジンに変更。4WDモデルのXLTおよび上級モデルのLimitedが、294ps、35.2kg-mを発揮するV6エンジン。いずれも6ATで、全機種にパドルシフトを採用している。

新たに追加されるTitanium(2016年発売)は、370ps、48.3kg-mを発揮する3.5ℓV6EcoBoost™エンジン搭載のハイパワー・スペシャル・モデルで4輪駆動。ニルヴァーナ・レザーのインテリアと、新開発のステレオ・システムを採用した。

価格は、XLTのFWDが4,890,000円、同4WDが4,890,000円。Limitedが5,750,000円。2016年発売予定の最上級モデル、Titaniumは後日価格を発表する。


▶ 国内初試乗 / フォード・フォーカス・スポーツ+ EcoBoost
▶ 特別企画 / ミドルサイズSUV、ポジティブ思考

 
最新国内ニュース

人気記事