ホンダFCVクラリティ

公開 : 2015.10.29 23:30  更新 : 2017.05.29 19:09

トヨタ・ミライのあらたなライバルは2016年に英国で販売される予定。走行レンジは長く、セールス・プランも野心的なようだ。

■どんなクルマ?

ホンダ初のFCV。以前よりも重いプレッシャーをホンダが感じているのは、言うまでもなくトヨタ・ミライの存在があるからだ。

重役を背負っているいる一方で、以前発表したモデルは技術的なイノベーションゆえかなり高い評価を得た。

その時はわずか72台しか制作されなかったのだが、今回は “もっと、かなり多く” をモットーにしているようだ。

このモデルはマス・プロダクションを前提としており、(いくつかをゼネラル・モーターズと共有しながら)2020年までには製品化したいとのことである。

これまで同様プラットフォームは専用設計されている。大きく変わったのは水素タンクが1つから2つに増えた点であり、供給圧力も倍の700barに到達した。

 
最新試乗記