キア・スポルテージ1.6 T-GDi

公開 : 2016.02.03 23:40  更新 : 2021.03.05 21:36

先代のスポルテージは英国内のシンボルのようなクルマだった。よって新型にも期待ができる。こちらでは珍しいガソリン・モデルの出来栄えはいかに。

■どんなクルマ?

キア、というメーカーは過去6年のあいだに、とんでもない変貌を遂げた。ドイツからデザイナーの ―そしていまや社長の― ペーター・シュライヤーを呼んだことが運命を変えたのだった。

大変革の下支えになったのはSUVであるスポールテージだ。2010年にアンヴェールされてから、これまでのぎこちなかった4×4を一気に過去のものにした。

運動能力を高めCO2を減らすことに全力が注がれた4代めは、このご時世にもかかわらず1.6ℓのターボ・ガソリンを投入している。運転好きを引きこもうとする試みがおもしろい。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記