トヨタC-HRプロトタイプ

公開 : 2016.04.15 23:50  更新 : 2021.01.28 17:56

テスト・コースとして用意されたのは、カントリー・ロード→丸石で舗装された市街地。どの道でもCH-Rはすっかりと落ち着いており、小さな回転直径も役立った。

一方ノイズや振動、ハーシュネスへの対応は、もう少し改善すべき点が残っているうえ(おそらくカモフラージュが原因だと思われるが)風切り音も小さくなかった。

クルマが少なくなったところで、エンジニア氏が1.2ℓエンジンに鞭を打つ。速度はあまりでていないが、少々のエンジン音とともに、軽々と車体を引っぱった。

おそらくこれはエンジニア氏の私見ではあるが、彼は2.0ℓエンジンにターボを組みあわせるような、よりパワーを味わえるモデルも加えたいとも語ってくれた。

やがて連続するコーナーが見えはじめる。ここで彼は一気にアクセル・ペダルを踏む。どうやらここからが、C-HRの ‘見せどころ’ のようだ。

フランスの山々で、CH-Rはハッチバック・タイプに引けをとらない小気味よさを披露する。コーナーへスイっと入り、そこからもバランスを崩すことはない。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

トヨタ C-HRの人気画像

×