トヨタC-HRプロトタイプ

公開 : 2016.04.15 23:50  更新 : 2021.01.28 17:56

1番目は? と問うたところ、それは1.8ℓエンジンを基本とするハイブリッドになるのだという。これよりも大きい2.0ℓ版はロシアなどで支持を得るようだ。

2.0ℓ版の人気は、排気量に対する燃費のよさが理由だというが、英国のようにCO2排出量を重視するマーケットでは、小排気量のものを輸出する方針だそうだ。

プラグイン・ハイブリッド・タイプは、プリウスでフィィーチャーした技術を流用するというアイデアはあるが、製品化のプランはまだ立っていないとのことだ。

ベンチマークはVWゴルフ

動力性能に関する完成度は、プロダクション・モデルを100とした場合、現時点で90%の状態にあるという。

開発においてベンチマークとしたのは、フォルクスワーゲン・ゴルフアウディQ3といったあらゆる主要ライバルであり、ハンドリングはスコダ・イエティのそれを参考にしたのだということも教えてくれた。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

トヨタ C-HRの人気画像