アストン マーティンDB11プロトタイプ

公開 : 2016.05.02 23:55  更新 : 2017.05.29 18:20

まだまだ手を加えるべくところは多いが、ハードウェアに関してはサイン・オフしている。それを試すために、われわれはプロトタイプをドライブした。

■どんなクルマ?

それはアストン マーティンDB11。アストンは ‘ヒストリーのなかでもっとも重要なモデル’ と表現する。DB2やDB4、DB7、DB9が存在するため、ちょっと大げさな表現に思えなくないが、それほど重要なのだ。

スーパーカー・メーカーでさえ、環境面に配慮する必要がでてきた今、ポルシェやフェラーリを筆頭に、エンジンにターボを加えることを余儀なくされている。それに加え、ハイブリッド・タイプも続々と加わっている。

DB11の心臓部、V12エンジンにもターボチャージャーが組み合わされることで、たしかにグランド・ツアラーとしての余裕というより、切迫したスピードの方が目立つようになるだろうが、少なくとも右足に力を入れたくなる類であることは間違いないだろう。

DB11を端的に表現するならば、‘DB’ とつくモデルのなかでもっともパワフル/One-77さえ凌ぐパワー/価格が2,400万円を超えるモデル、ということになる。ボンド接合がなされるアルミ・ストラクチャーとアルミ・パネルは、これまでのVHプラットフォームの戦略を反映する。また5.2ℓのV12エンジンも、従来の6.0ℓV12エンジンと共通点が少なくないというから興味深い。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事