マツダ、プレミアムなスーパーミニを開発か

公開 : 2012.11.06 15:05  更新 : 2017.06.01 01:05

マツダはシトロエンDS3や、ミニに対抗するプレミアムなスーパーミニを製造するつもりだと、マツダの副社長がコメントした。マツダ・ヨーロッパのR&D副社長、広瀬一郎が「2、3年後を目標にサブBセグメントのモデルを市場に出したい」と述べたのだ。

プロジェクトの詳細はまったくわかっていない。しかし、マツダはこのクラスでのより一層の市場の拡大を目論んでいるようだ。

マツダは2008年に登場させたローレンス・ヴァン・デン・アッカーがデザインしたキヨラ・コンセプトで、プレミアム市場の小型車のあり方を示している。それ以降は、新任の日本人のデザイン・チーフ、タニマチ・アキラがマツダによる新しいデザイン言語が使われている。その言語はCX-5とマツダ6で具現化されているのだが。

関連テーマ

 

人気記事