フェラーリGTC4ルッソ

公開 : 2016.06.30 05:50  更新 : 2017.05.29 18:52

フェラーリの4WDモデル、FFがアップデートされた。GTC4 ‘ルッソ’ という栄えある名前をつける価値があるのか? 早速テストをはじめよう。

■どんなクルマ?

クーペ・ボディの後方をスクエア型にしたレース・モデルのことを必然的に ‘ブレッドバン(=パン屋さんのバン)’ と呼ばれたことがあるが、フェラーリGTC4ルッソ(先代はFF)も、不思議な事に似た形をしている。どうやらフェラーリはエンジンをフロントに搭載した4シーターを好んでいるようなのである。

去年デビューを果たしたF12tdfの4輪操舵システムは、GT4ルッソにも採用されることになった。リア・サスペンションのトー・リンクにアクチュエーターを加えることで、スタビリティとアジリティを高めるのだ。

テールライトは左右1灯ずつの丸型(魅力に欠けていた)から、左右2灯ずつの丸型(いくぶん魅力的)に変わった。エアロ・パーツ、リアのルーフ形状も変わった。

クーペ・エステート、と言えばいいだろうか。この手のクルマは美しく仕上げられているものと、単に癖のあるクルマに留まっている、という二手に分けられるが、(あくまでわたしにとって)GTC4ルッソは後者だ。ただブレッドバンがそうであったように、特異な形状に気がつけば惹かれてしまう、という人々の気持ちもよくわかる。したがって外観は個々の考えに委ねよう。

GTC4は、FFに比べるとフロントが低く、なおかつワイドになっている。冷却のためにグリルも大きくなっており、結果的にアグレッシブな印象を与えている。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記