アウディSQ7

公開 : 2016.07.20 05:43  更新 : 2017.05.29 18:13

テクノロジー満載のSQ7は、435psを叩きだすおかげで(完璧なクルマではないにせよ)恐ろしく速い。

■どんなクルマ?

物理の法則をねじ曲げてしまうほど速い、大型SUVであるSQ7を英国内でテストするのは今回が初めて。おなじ ‘S’ ブランドに属するSQ5(327psの3.0ℓV6ビターボ)が100km/hまで5.1秒で達するのに対し、ひとまわり大きく重いSQ7は4.9秒。恐ろしい予感がする。

これほどの数値を実現するのは、4.0ℓV8エンジンによるところが大きい。1対のシーケンシャル・ターボと48Vのブロワー(公式にはエレクトリック・パワー・コンプレッサーと呼ばれる)の助けもあって、435psと91.8kg-mを叩きだす。それも1000rpmから。

48Vのリチウム・イオン・エレクトリシティは可変アンチ・ロールバーにも力を与え、前後の車輪は意思をもったかのように向きを変える。£5,700(80万円)を積めばトルク・ベクトリング・リア・デフを装着することも可。Q7シリーズでは初となり、テスト車も装着済み。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事