アウディSQ7

公開 : 2016.07.20 05:43  更新 : 2017.05.29 18:13

8速の ‘ティプトロニック’ トルコンATの変速も実に素早い。パドル操作に対する反応も迅速だし、キックダウンにも不満はない。相変わらず優秀である。

エグゾースト・ノートもアグレッシブだ。アイドル時から既に凶暴な音を響かせ、回転計の針が跳ねると同時にボリュームが増す。スピーカーも迫力を増す。

ただしモードをおとなしいものにすれば、それまでの凶暴さが嘘だったかのように室内は静まり返る。しかし、もし免許証を大切にしたいのであれば、音量はそのままの方がいい。さもなければ、あっという間に恐ろしい速度域に達しているということがよくあるからだ。

‘ドライビング・ダイナミクス・スポーツ・パック’ のおかげでコーナリング時の安定性も高い。ターンインはあくまで素早く、可変アンチ・ロールバーのおかげでコーナリング時も姿勢はフラットである。

足腰が固められるため、さすがに感覚はナチュラルとは言いがたいものの、これほどの巨体をアクセス・ペダルのみでコントロールできるのには恐れ入る。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

アウディの人気画像

×