日産セレナをフルモデルチェンジし発売

2016.08.24

日産は、ミニバンとして世界ではじめて部分自動運転技術を搭載した新型セレナを発売した。

5代目のセレナは、「自動車専用道路での単一車線」における自動運転技術のプロパイロットを搭載。ほかにもハンズフリーで操作できる自動スライドドア、3列目乗員用に新設されたドア開閉スイッチなどを採用している。

新型は、従来のセレナの要素を引き継ぎながら、新しいミニバンの世界観を取り入れ、2段構成のヘッドランプ、ツートーンボディカラー、Dピラーレスのデザインを採用している。

ダッシュボードは横方向の流れをテーマに、メーターを薄型化。パノラミックな開放感を与えた。インテリアは、5ナンバー・サイズを維持しながらもクラス・ナンバー1となる室内長3240mm、室内幅1545mmを達成。

パワートレインは、2.0ℓのガソリン仕様と、同じ2.0ℓエンジンにマイルド・ハイブリッドを搭載したS-ハイブリッド車をラインナップ。

先進安全機能として、インテリジェントパーキング・アシスト、アラウンドビューモニター(移動物検知システム)、改良型スマートルームミラーを搭載している。

また、プロパイロットを標準装備したプロパイロット・エディションを期間限定で販売。踏み間違い防止アシストなどの安全装備に加え、ハンズフリー・オート・スライドドアや、16インチ・アルミホイールなどを標準装備(2WD車)している。

セレナの価格は2,316,600円から3,135,240円。期間限定販売のプロパイロット・エディションの価格は2,916,000円から3,187,080円。


▶徹底解説 / 日産セレナ

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新国内ニュース

人気記事

        ×