スバル・インプレッサ・スポーツ・プロトタイプ

公開 : 2016.09.12 05:55  更新 : 2017.05.29 18:41

■どんなクルマ?

先代インプレッサをベースにWRXとレヴォーグが開発される。両車ともに先代インプレッサのスポーティ・キャラを抽出、純粋培養したスポーツ性の高さがセールス・ポイント。インプレッサWRXからWRXを独立させたわけで、ならば母体のインプレッサはどうなるのか? その回答がここで試乗した次期インプレッサである。

狙いはCセグメントのど真ん中。要は車体寸法も走行性能も実用的で汎用性が高く、オーソドックスなクルマ趣味にも則したモデルである。もともと基本コンセプトは「ど真ん中」だったのだが、付加価値であるべき「4WDスポーツ」が主キャラなみにインプレッサのイメージを作り上げていた。そいつを分離独立してCセグど真ん中の真っ向勝負としたのがこのFMCだ。

もうひとつ欠かせないのが、次世代スバル車の基本を決定する新型プラットフォームである。車体骨格をいくつかのパートに分けて共用化するモジュール設計を取り入れたのが特徴で、今後レガシィなどの車体設計の基本となる。その第一弾がこのインプレッサである。

パワートレインはNA仕様の水平対向4気筒。ロング・ストローク仕様のFB型を用いるのは従来車と共通しているが、2ℓ車には直噴を採用。EGRの強化などと合わせて燃費と動力性能の向上を図っている。また、CVTも変速比幅の拡大と摺動抵抗軽減を図った新型となっている。2ℓ4WD車のJC08モード燃費の延び代は約4%程度だが、実燃費における競合車との比較でトップレベルの燃費を狙っているのも特徴である。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記