スバルWRX S4 tS NBRチャレンジパッケージ

公開 : 2016.11.26 05:40  更新 : 2017.05.29 18:41

  • この頁はXVハイブリッドtSの画像。STIスポーツマフラーは想像以上に勇ましいサウンドを奏でる。

わずか1時間弱の試乗後は、最初の毒づきはどこへやら、逆に「これ以上硬くなって、この絶妙のバランスが崩れたらいやだな」と思ってしまったのだから世話はない。

短時間試乗ではパワートレインのちがいははっきりと感じ取れなかったが、注目すべきはCVTオイルクーラーも強化して「フェイルセーフ作動までの時間はノーマルの1.8倍」になったという点に注目したい。

CVTのスポーツ走行では変速を繰り返すと、CVTの過熱で変速しなくなるのがネックとなるが、このクルマはそこも手抜かりはない。今回の試乗でCVTがロックするような場面はもちろんなく、またニュルでのテストでも数ラップはまるで平気なのだとか。

今回の試乗会では同時に “XVハイブリッドtS” も用意された。S4よりはずいぶんとライトな内容だが、フレキシブル系のボディ強化に加えて、ダンパーもノーマル同様のショーワ製ながら、よりハイグレードタイプに換装されているという。

スプリングや減衰力はノーマル比とほとんど変わらないというXVのtSだから、乗り心地の悪化は見られない……というか、全体にムダな動きが減少して、しかもサスペンションも明確に滑らかになっており、真の意味での快適性は上がっている。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事