スバルWRX S4 tS NBRチャレンジパッケージ

公開 : 2016.11.26 05:40  更新 : 2017.05.29 18:41

  • 特別装備のCVTオイルクーラーはラジエターの前に陣取る。アイサイト(ver.3)も搭載。

  • クリスタルホワイトパールは車両価格+3.42万円。

  • NBRチャレンジパッケージは、STI製BBS19インチ鍛造アルミホイールがブラックになる。

WRXのSTIコンプリートカーにとって、2ペダル、アイサイトver.3搭載は正しい選択なのか。XVハイブリッドtSとあわせて試乗レポート。

■どんなクルマ?

スバルのスポーツ子会社であるSTIのコンプリートカーにおいて “tS” という名称が与えられる場合は、全身を徹底チューンした昨年末の “S207” とは異なり、エンジンには手を入れず、イジるのはシャシーと内外装のみ。そして、そのねらいはあくまで「ストリートで本領を発揮すること」だそうである。

この種の純正系コンプリートカーは、生産台数さえ見誤らなければ、きっちりと利益があげられる。そういうこともあって、最近は各社が力を入れており、STIも例外ではない。ただ、彼らのハイエンドモデルたる “S○○” はベースモデルにも制限があり、内容が内容だけに乱発できない事情もある。かわりに……というわけでもないだろうが、最近のSTIはそれに準ずる “tS” を積極的に展開する。

このWRX S4 tSもそのひとつで、車名のとおりベース車両はマニア御用達の “WRX STI” ではなく“S4”。つまり、エンジンは最新の高効率直噴ターボのFA型。変速機はCVT、そして最新安全装備のアイサイトver.3がコンプリートカーにもそのまま活かされる。


関連テーマ

 
最新試乗記