ポルシェは歴史を捨て去った? 911RSR「ミッドシップ化」の覚悟を直撃

公開 : 2016.12.20 04:45  更新 : 2017.06.01 00:33

最新の911RSRは、RRの歴史を簡単に捨て去った?

「かなりセンシティブな議論が常にありましたね」

彼は、決して明るいとは言えない表情で、当時のディスカッションを振り返る。

単にエンジンの位置を変えるというだけではなく、伴って、ボディ構造やサスペンション、エアロ・パッケージ、6速シーケンシャル・ギアボックスを再設計しなければならなかったことも、そんな表情の理由だろう。なんと、従来のマシンからキャリー・オーバーしたのは、ドア・ハンドルだけなのだという。

議論の末にゴー・サインがでたのは、やはり、エアロダイナミクスの向上が、同クラスで勝ち抜くための必須課題だということが、ライバルの走りっぷりを見ても明らかだったからだそうだ。

「エンジンの位置を変えることで、安定感が増したというのも重要なポイントですね」とヴァリザー。

「あとはタイヤの摩耗です。重量配分が変わったおかげで、本当に減らなくなりました」とも。

デビューはデイトナ24時間レース

2台のファクトリーカーがデビューするのは、来年1月下旬のデイトナ24時間レース。すでに3万2千kmを超えるテスト走行を終えている。

ヴァリザーは「いやぁ、すばらしい出来栄えですよ」と自信満々に答えてくれる。

「まずは、24時間を技術的問題なしに走り抜けることができればいいですね。そうすれば、トップ3は狙えるのではないでしょうか」とも。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

ポルシェ 911の人気画像