AMG GLC63のスペックを、最新情報から検証

公開 : 2016.12.20 04:50  更新 : 2017.06.01 00:33

来年2017年にデビュー予定のメルセデス-AMG GLC63のテスト風景を再びキャッチした。

初期のテスト・モデルに較べるとより大きなエア・インテイクが与えられたフロント・バンパーが特徴で、よりハイ・パフォーマンスSUVに相応しい出で立ちになっている。

関係筋の話では、通常のGLCよりも長いボンネットが与えられ、その下には4.0ℓV8のツインターボ・ユニットが収まると言う。エンジンは、C63と同様の510ps、71.3kg-mを発するものとなる。

また、このボディは今年の夏に発売されたGLC43 4Maticとほぼ同じ物だ。これゆえ、インテリアもGLC43と同様であると考えられる。GLC43は、364psを発揮するV6ツインターボを搭載し、0-100km/h加速4.9秒というパフォーマンスを持つ。

AMGのトビアス・メールスは、AMGの63モデルが後輪駆動レイアウトを保持すると最近公言している。このGLC63よりもひとつ上のクラスであるGLE63は4Maticなので、後輪駆動は、GLCのみとなるようだ。

ちなみに、GLE63のリア・ホイールへのトルク配分は69%となるため、GLCに搭載される4Maticも同等の値になる見込みだ。

このモデルのアンヴェールは来年のジュネーブ・モーターショーの可能性が高い。


▶ 国内初試乗 / メルセデス・ベンツGLC 250 4MATIC スポーツ
▶ 海外初試乗 / メルセデス・ベンツGLC 220d 4マティック
▶ 海外初試乗 / メルセデス・ベンツGLC 350e 4マティック
▶ 海外初試乗 / メルセデス・ベンツGLC 250d

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事