ポルシェは歴史を捨て去った? 911RSR「ミッドシップ化」の覚悟を直撃

公開 : 2016.12.20 04:45  更新 : 2017.06.01 00:33

ポルシェ911RSRは、2017年シーズンのル・マン24時間をはじめとるGTレースに参加するモデルだ。

大きなトピックは、従来の駆動方式であるRRを捨て、ミッドシップになった点である。

変更が可能になったのは、WECやアメリカが拠点のIMSAシリーズ、そしてル・マン24時間のための、LM GTEカテゴリーのレギュレーションが変更されたから。

これに合わせて、ボルトやナットにいたる、すべてのパーツを18ヶ月かけてポルシェは見直すことになった。

伴って、非常に軽量な4ℓ水平対向6気筒エンジンやギアボックスも、そっくり場所を動かしたというわけ。リア・アクスルの後ろのスペースができた分、ディフューザーを設けられるようになるというメリットがある。

ただ、ポルシェ911=RRというイメージも強い以上、変更は簡単に認められなかったのではないか? とAUTOCARは考えた。そこで、モータースポーツ部門を率いるフランク・ヴァリザーに意見を問うてみた。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事