ルノー・グランド・セニック1.6 dCi

公開 : 2016.12.27 05:30  更新 : 2017.05.29 19:22

■どんな感じ?

既にわれわれは、5シーターのMPVであるセニックを試し、こちらはパワー不足を指摘せざるを得なかった。しかしながら、7シーターのグランド・セニックが載せる1.6ℓディーゼル・ユニット(こちらは130ps)は、パワーがピークに達する4000rpmまで優れたパフォーマンスを披露する。

たとえ荷物が満載だとしても、6速マニュアルを細やかに操作してやれば力不足だとは感じないだろう。クラッチ・ペダルも軽く、シフトの感触も悪くないため、シフト・チェンジも苦ではない。

しかしながら乗り心地がまずい。タイヤのサイドウォールの設計に配慮し、サスペンションも最適化しているとルノーは言うが、20インチの車輪はぴょんぴょんと跳ね回る。

低速域では落ちつきがなく、凹凸を超えるたびに下からドスンと突きあげる。もしリファインメントを最重要項目に据えるのであれば、グランドC4ピカソの方が、満足させてくれるはずである。

一方のシャシー・チューニングはさすがのルノーといったところ。ステアリングは軽く、正確。フロント・エンドは小気味よく向きを変え、アンダーも見事に感じさせない。よって楽しめる。

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

試乗記の人気画像