注目のGLCクーペのAMG版「GLC43」を試乗 辛口評価に要注意

公開 : 2017.03.06 09:33  更新 : 2017.05.23 16:28

日本でもテレビCMが、たびたび流れるようになったGLCクーペ。そのGLC43は、ひとを楽しませてくれるものなのだろうか? 英国のテスターは、そうは思っていないようだ。

■どんなクルマ?

‘クーペ’ という言葉をググってみると、固定ルーフと2枚のドアを持つクルマ、というような説明が検索結果にあがるだろう。

これに、リアがスロープ状の、といった条件を付与するものもあるが、3BOXのノッチバック・クーペというのもまたあるから、最低限の条件は最初に述べたふたつと考えていいのではないだろうか。

ところが、時の流れに連れて、この定義が怪しくなってきた。ドアの数やジャンルに関係なく、ファストバック風のボディ形状であれば、見境なくクーペを名乗る風潮が近年は目につくのだ。

それは、このGLCクーペにも当てはまる。

Dセグメント級のコンポーネンツを用いたSUVであるGLCに、クーペふうのボディを乗せたわけだ。

0-100km/h加速4.9秒は確かに速いが、通常のGLC43からの短縮はまったくない。削られたものを上げるなら、顕著なのは荷室容量だろう。実に200ℓほども小さいのだ。(いきなりシニカルすぎるだろうか。)

ボディ関係以外で変更されたのがエア・スプリングのセッティングで、より積極的なドライビングが想定されたものになっている。

硬さは3段階の調整が可能だが、飛ばしたい気分にさせてくれるものではない、ということは先に言っておこう。(いきなり言わないほうがよかっただろうか。)

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事