スズキ・イグニス4x4と「泥遊び」をしよう! ほんとうに走破性はある?

公開 : 2017.03.13 19:11  更新 : 2017.05.29 18:41

「Smart Hybrid Vehicle by Suzuki」の頭文字を取ったSHVSは、極めてマイルドなハイブリッド・システムだ。SHVSは、スムーズなストップ・アンド・ゴーを可能にするモーター機能付発電機を搭載する。

減速時のエネルギーを利用して、助手席の下にあるバッテリーを充電、その電力を活かして加速時にモーターによる駆動を得る。モーターは、すべてのコンディションが整った場合、1.7psと5.0kg-mのトルクを発生する。

そのコンディションとは、例えば、バッテリーは適温であったり、十分充電されている必要があったりと、いつでもこの出力が引き出せるわけではない。ペダルへの力加減や位置が最適でも、いつでもその恩恵を得られるわけではないのである。

ということで、試乗へ。天気は悪いし、去年ランドローバー・ディスカバリーの試乗を行ったお陰で、このクルマの性能を試すには打ってつけだ。

去年は、ディスカバリーの塗装を傷つけてしまったが、イグニスの幅は1690mmで、長さは3700mmしかないので傷の心配もなさそうだ。

アプローチ・アングル、ディパーチャー・アングル、そしてブレイクオーバー・アングルは、それぞれ20°、38.3°、19.2°であり、数字上は良好。

しかし、180mmを標榜する最低地上高に反して、ゴム製のストリップが外れてしまう前に、われわれはたった2枚の写真しか撮ることができなかった。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事