2017 Coppa del Lavoro Italiano Open

2017.03.12

クラブ・マザーヘッド主催のCoppa del Lavoro Italiano Open。イタリアーノ・オープンと銘打っていても年式・国籍問わず参加できるタイム・トライアルです。なんと1日でエントリーが締め切られるほどの人気のイベントとなっています。

text & photo:Club Motherhead(クラブ・マザーヘッド)

 
恒例となりました2017 Coppa del Lavoro Italiano Open、通称「ラヴォイタ」の春のオープン戦を、名阪スポーツランドEコースで開催しました。年式や国籍不問で、古今東西のどんなクルマでも参加できるタイムトライアルです。年を追うごとに人気が高まってきて、今回はわずか1日でエントリーを締切るほどの人気でした。当日は快晴に恵まれ、春の暖かな陽射しの中で走行を楽しみました。

イベントはレース形式ではなく、名阪スポーツランドEコースをタイムトライアル形式で走り、そのタイムで順位が決まる方式となります。1台ずつ走行しますので接触や抜き差しがないため、ノーマルカーでも気軽に参加できるのが特徴です。しかし、1秒の間に10台が連なる接戦が見もので、イタリア、イギリス、ドイツ、フランス、日本とバラエティ豊かな65台並んだ光景は圧巻でした。

ちなみに今回は、予定よりも1本多い、テストラン+タイム計測5回の合計6回を走ることができました。参加された皆さんのスムーズな進行と、スタッフの努力で、合計6回の走行が実現しました、ありがとう!

新旧のクルマが入り混じったレースで、最新モデルは2015年式、最古のモデルは1956年式で、排気量も450ccから3000ccと大きな差がありますが、クラス分けはなく総合結果のみ。優勝したスーパー7のタイムは圧巻ですが、3位と4位は旧車のジュリアで、10位に旧フィアット500! パワーだけでは勝てないのが、このレースの魅力なのかもしれません。

和気藹々とした雰囲気の中でモータースポーツを1日中楽しめるこのイベント、秋はクラッシック・モデル限定で同じコースで開催を予定しています。オーナーの方は是非ご参加ください。詳細はホームページで随時発表してゆきますので、チェックを。

このほか旧いイタリア車のミーティングとして、5月21日に岐阜県・藤橋城で恒例のイタジョブを開催します。
詳細はこちらから

  • 絵になるクルマの参加が多いのもラヴォイタの特徴といえる。

  • 今回も古今東西、新旧のモデルが名阪スポーツランドEコースに集まった。

  • 走行前にコースをチェックのため、全車でゆっくりと確認走行を行った。

  • 岐阜&愛知から参戦の仲良し4人組の良い笑顔! ラヴォイタで走りを存分に楽しんでいた。

  • オルタネーター不調にて棄権したフィアット500を押しがけして、ヘロヘロになっていた仲良しスタッフ。

  • 今回も果敢な女性エントラントが2名参加。どちらも男前なドライビングでタイヤ鳴かせて駆け回っていた。

  • 協賛各社の厚意により、全員にご協賛品授与できるほど大量に頂いた。

  • 参加者全員にトロフィー授与されるのが、ラヴォイタの良き伝統。

  • 最後にトロフィーと協賛品両手に持って全員で記念撮影をおこなった。

  • 優勝/35秒23/1996年ケータハム・スーパー7(1998cc)野々山選手

  • 準優勝/38秒23/1991年ホンダ・ビート(660cc)中島選手

  • 3位/38秒50/1971年アルファ・ロメオ・ジュリア・スーパー(2000cc)久保選手

  • 4位/38秒74/1972年アルファ・ロメオ2000GTV(2000cc)佐々木選手

  • 5位/38秒88/2000年ルノー・クリオRS(1970cc)加藤選手

  • 6位/39秒17/1986年ランチア・プリズマ(1585cc)堀後選手

  • 7位/39秒93/1999年アルファ・ロメオ145(1969cc)永野選手

  • 8位/40秒05/1979年フィアットX1/9(1498cc)前田選手

  • 9位/40秒32/1989年ランチア・デルタ(2000cc)前川選手

  • 10位/40秒42/1969年フイアット500(873cc)清野選手

  • 11位/40秒83/1987年BMW M3(2500cc)古谷選手

  • 12位/41秒15/1970年三菱コルト・ギャラン(1500cc)清水選手

  • 13位/41秒39/2002年マツダ・ロードスター(1800cc)桝谷選手

  • 14位/41秒56/1969年ポルシェ911S(2000cc)久世選手

  • 15位/41秒72/1969年アルファ・ロメオGT1300Jr.(2000cc)後藤選手

  • 16位/41秒84/1987年アルファ・ロメオ75ターボEVO(1962cc)池田選手

  • 17位/42秒03/1965年ロータス・エラン(1558cc)鈴木選手

  • 18位/42秒21/1999年プジョー106(1587cc)山田選手

  • 19位/42秒38/2012年アバルト500(1400cc)橋本選手

  • 20位/42秒55/1968年アルファ・ロメオGT1300Jr.(1300cc)山本選手

  • 21位/42秒63/1975年アルファ・ロメオ・アルフェッタGT(1779cc)嶺井選手

  • 22位/42秒87/1992年ホンダ・ビート(660cc)長谷川選手

  • 23位/42秒88/1959年オースチン・ヒーレー・スプライト(1275cc)新谷選手

  • 24位/42秒89/1992年アルファ・ロメオ75TS(1961cc)森村選手

  • 25位/43秒04/1977年ポルシェ911(3000cc)内田選手

  • 26位/43秒27/2013年BMWミニクーパー(1600cc)中原選手

  • 27位/43秒91/1964年フィアット・アバルトOT850(1050cc)福多選手

  • 28位/44秒13/1993年アルファ・ロメオRZ(3000cc)兼松選手

  • 29位/44秒17/1983年アルファ・ロメオGTV6(2492cc)木村選手

  • 30位/44秒25/1969年アルファ・ロメオ・ジュリア・スーパー(1580cc)新子選手

  • 31位/44秒25/1974年COX GTM(1275cc)日比野選手

  • 32位/44秒45/ポルシェ・ボクスター 浅井選手

  • 33位/44秒74/2004年マツダ・デミオ(1300cc)山本選手

  • 34位/45秒20/1987年オペル・マンタGSi(2000cc) 川尻選手

  • 35位/45秒29/2015年スズキ・アルト(660cc)梅田選手

  • 36位/45秒40/1990年アルファ・ロメオ・アルファ75TS(1962cc)小柴選手

  • 37位/45秒42/1972年フィアット500(822cc)井上選手

  • 38位/45秒46/1972年アルファ・ロメオGT1600Jr(1966cc)諸國選手

  • 39位/45秒71/1990年アルファ・ロメオ75TS(1962cc)畑山選手

  • 40位/45秒78/1968年ランチア・フルヴィア1.3HF(1300cc)平間選手

  • 41位/45秒96/1970年ホンダZ 360(450cc)大村選手

  • 42位/46秒15/1968年フォルクスワーゲン・カルマンギア(1200cc)永田選手

  • 43位/46秒15/1971年式アルファ・ロメオ・ジュリア・スーパー(1290cc)篠田選手

  • 44位/46秒40/1967年式ジャンニーニ590GTコルサ(650cc)丹羽選手

  • 45位/47秒37/1986年アルファ・ロメオ・スパイダー(2000cc)松井選手

  • 46位/47秒44/1989年フィアットdap650(650cc)高橋選手

  • 47位/47秒47/1956年オースチンA30(948cc)庄野選手

  • 48位/47秒67/1970年ホンダZ 360(450cc)仲野選手

  • 49位/48秒09/1998年ローバー・ミニ(1300cc)原田選手、レディース部門TOP

  • 50位/48秒26/1969年フィアット500L(650cc)萬田選手

  • 51位/48秒38/1975年フォルクスワーゲン・ビートル(1584cc)本城選手

  • 52位/48秒42/1972年ランチア・フルヴィア・スポルト・ザガート(1298cc)塚本選手

  • 53位/48秒79/1989年フィアット・ウーノ45(999cc)吉田選手

  • 54位/49秒71/1961年式アルファ・ロメオ・ジュリエッタSZ(1270cc)丸山選手

  • 55位/49秒90/1982年フィアット・リトモ・アバルト125TC(1995cc)西尾選手

  • 56位/50秒47/1988年ローバー・ミニ(998cc)木村選手

  • 57位/51秒41/1967年フィアット850スパイダー(850cc)橋内選手

  • 58位/52秒10/1971年フィアット500F(600cc)坂口選手

  • 59位/54秒85/1965年フィアット500F(500cc)杉田選手

  • 60位/55秒13/1968年フィアット500L(500cc)河原選手

  • 決勝リタイヤ/1974年フィアット126(594cc)谷崎選手

  • 決勝リタイヤ/1970年フィアット500(650cc)田中選手

  • 次回のラヴォイタは、秋にヒストリック・モデルのみで開催予定。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事