アウディRS3サルーンを日本導入前に試乗 400psの直5はAMG A45をどう迎え撃つ?

公開 : 2017.03.21 12:24  更新 : 2017.05.29 18:13

■どんな感じ?

このクルマの車内で過ごす時間は至宝だ。黒で統一されたキャビンは修行の場といった雰囲気だが、RSモデルに座っているのだという意識を高めるのには十分である。

下部が平坦になったステアリングは健在。クロス・ステッチを配した本革シートに施されたエンボスのRSロゴはその気にさせるし、ヴァーチャル・コックピット・ディスプレイでさらに雰囲気を高めることもできる。

真っ赤なスターター・スイッチを押すと、車格を疑ってしまうような強烈な勢いで、5気筒エンジンは眼を覚ます。不整脈を伴う爆発音はとにかくすばらしい。

ちょっと残念だったのは、アフター・ファイヤー音が随分大人しくなってしまったことだ。多分、アウディは、意図的な迫力の演出に少し飽きてきたのだろう。(わるいことではないと思う。)

1700rpmから発揮される48.9kg-mのトルクを誇るRS3は、信じられないくらいに俊足だ。0-100km/hへたったの4.1秒で到達することを、ステアリングを握る手からもひしひしと感じることができるし、アウディの誇るクワトロ4WDシステムは、如何なるトラクションのロスも許容しない。

搭載されるデュアル・クラッチ・トランスミッションは、素早いシフト・チェンジを可能としているが(マニュアル・モード選択時)、この水準のパフォーマンスをこれ程簡単に引き出せるロードカーは、そう簡単には見つかるまい。

だが、鞭を入れた時に、あまりよくないことに気が付く。


関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

アウディの人気画像