このゲームやりたい!? 新型メガーヌR.S.の予告動画に歴代モデル登場

公開 : 2017.03.31 02:03  更新 : 2021.03.05 21:35

ルノー・スポールが公開したTVゲームのようなムービー。歴代R.S.モデルがステージ毎に進化してゆきます。そして最後に登場するのは?

2018年にデビューが予定されているルノー・メガーヌR.S.は、300psを超えるパワーを持ち、マニュアル、デュアル・クラッチ・オートマティックという2本立てのギアボックスが設定されるようだ。その姿が、ルノー・スポールから公開されたムービー(本ページ下部)の最後に、カバーを掛けられた状態で紹介されている。

4WSを搭載? 新型メガーヌR.S. ニュル最速奪還へ

新型メガーヌのR.S.モデルは、4WSを搭載する予定だ。これにより、ニュルブルクリンクのFWDプロダクション最速モデルに返り咲こうとしている。もちろんライバルは、現チャンピオンのフォルクスワーゲン・ゴルフGTIクラブスポーツSだ。

エンジンは2.0ℓターボで、そのパワーは従来型のメガーヌR.S.よりも30ps以上アップした300ps越えとなるだろう。またギアボックスは、6速マニュアルにくわえ、6速EDCデュアル・クラッチが初採用される。欧州市場ではマニュアルが好まれるが、アジアではEDCの方が求められるからだ。

次期メガーヌR.S.は、最新型メガーヌGTが5ドア専用プラットフォームを採用することによって、従来型よりも25mm低く、28mm長いボディを手に入れる。さらにトレッドも拡大されるために、メカニカル・グリップが大幅に向上する見込みだ。

また4WSの効果により、小回りが利くだけでなく、高速でのアジリティも高まることになるだろう。


関連テーマ

人気テーマ