次世代型アウディA8 PHEV、フルHVに対応したアーキテクチャを開発中

公開 : 2017.04.04 19:38  更新 : 2017.06.01 00:25

次期アウディA8は、今年中に発表すると考えられます。そこでAUTOCARは、新型に採用されるアーキテクチャの取材に行ってきました。

今年後半にデビューする予定の次世代型アウディA8は、これまで以上に軽量化を推し進めたアーキテクチャを採用する。

次期A8、複合素材アーキテクチャ採用も重量増

スチール、アルミニウム、マグネシウム、カーボン・ファイバーといった4種の素材を用いるハイブリッド・コンストラクションの採用は、今回が初めてのことだ。各マテリアルの結合作業には、合計14もの行程が必要になるという。

こうした努力にもかかわらず新型のホワイトボディの重量は、現行型の231kgに対して51kg重い282kgに増大している。

一方でシェルの動的剛性は24%向上しており、ハンドリング性能および操舵特性を改善する。また、後席乗員のニールームは28mm、ヘッドルームは14mm拡大するという。

しかし、重量が増加したからといって、A8のボディが無闇に大きくなるわけではない。

関係者は「それほど大きくはなりませんよ」と漏らしている。