AMG GTロードスターはメーカー内外に敵多し F-タイプや911を以上に買う理由はあるか

2017.04.05

サマリー

2017年モデルのメルセデス-AMG GTロードスターを試乗します。オープンであること、敵が多いことなど、不安要素もありますが、実際のところはどうなのでしょうか。

■どんなクルマ?

「ロードスター」と「クーペ」で違うところ

メルセデス-AMG GTロードスターの導入価格は£110,145(1,513万円)。これは、固定ルーフのGTクーペよりも£11,950(164万円)高い。

GTロードスターは、ベースとなったGTクーペと同時に開発されていたという。この事実は、スタイリングによく表れていて、ルーフを開けても閉めても非常に統一感が取れている(とわたしは思う)。

黒、赤、ベージュの3層ファブリック屋根に置き換わったことで低下した車体剛性を補うために、GTロードスターのアルミ・ボディはより強固で厚いサイド・シル、ダッシュボードのサポート、ロールオーバー・バーが固定されるリア・バルクヘッドに統合されたアルミニウムのクロス・メンバーを採用している。

ボンネットの下には、標準モデルのGTクーペと同じツイン・ターボ4.0ℓV8ガソリン・エンジンが鎮座するが、軽いチューニングが施され、出力で13ps、トルクで3kg-mの向上を得て、最高出力は475ps、最大トルクは64.1kg-mとなった。

ちなみに大排気量の5.0ℓV8スーパーチャージャー付ガソリン・エンジンを搭載するジャガーF-タイプSVRコンバーチブルのそれと比較すると、出力で107ps、トルクで7.2kg-m劣ることになる。

トランスミッションは、GTクーペと同じ7速スピードシフト・オートマティックを採用。ロードスターは1速ギアを高く、7速を低く改められている。

 
最新試乗記

人気記事