ジーリー、英「ロータス」の経営権を手中に! プロトンの大半の株式取得

公開 : 2017.05.24 21:23  更新 : 2018.04.26 14:58

ジーリーが、英「ロータス」の経営権を手中に収めます! 速報でお届けします。

中国のジーリー、プロトンの49.9%の株式を取得

ボルボの親会社であるジーリーが、マレーシアを本拠とする自動車メーカー「プロトン」の49.9%の株式を取得した。これは、プロトン傘下の「ロータス」の経営権を支配下に入れたことを意味する。

プロトンを所有するコングロマリット「DRB-ハイコム」は、損失を生み続けるプロトンの株式を、ジーリーに売却することで合意したのだ。

ジーリーはくわえて、ロータスの過半数の株式となる51%を取得する方向で調整を進めている。

これによりDRB-ハイコムは、依然としてプロトンの株式50.1%を保有するが、ロータスの株式は売却すると見込まれる。最終的な決定事項が明らかになるのは7月だ。
 

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事