お手頃ドライバーズカー選手権(5) 決勝戦

公開 : 2017.09.18 17:40

操舵フィールはシビックの圧勝

タイプRらしい、ほかの3台より重くダイレクトな手ごたえのステアリングホイールは、両手でしっかり保持すべきもの。そして、ほかより多くのフィードバックももたらしてくれる。対照的なのがゴルフRのそれで、指を添えただけで回せそうに軽い。A45のステアリングホイールはゴルフより多少重く満足感も高いが、取り皿を思わせるほど小さいプジョーのそれはアシスト過剰で、前々から不満の種だった。


ホットハッチのステアリングは、路面の感触や前輪サイドウォールのしなりまでも指先に伝えてくれるものが望ましい。成績を付けるなら、タイプRは優、A45とゴルフRは良といったところ。308GTiは、想像以上にバランスのいいシャシーを持ちながら、手元に伝わるフィールはほぼ皆無で、不可を付けざるを得ない。

ホットハッチの評価においては、乗り心地の洗練性もまた重要な要素だと思う。というのも、気持ちよくワインディングを楽しめるカントリーロードには、同時に対処すべき轍やバンプも多いからだ。その点、タイプRの評価は最高ではなく、B級道路でゴルフRのアダプティブダンパーが見せる巧みな脚さばきとは比べ物にならない。ゴルフRは、路面の隆起や不整をみごとに呑み込んで、スムースな乗り心地を提供してくれる。


とはいえ、ボディコントロールやハンドリングの精密さ、クルマとの一体感などにおいて、フォルクスワーゲンはホンダが打ち立てた基準に遠く及ばないクルマを造っている。その差は、ホンダが乗り心地でフォルクスワーゲンに付けられた差より大きい。コンフォートモードを選んだシビックRは、先代までのタイプRを名乗るモデルでは到底望めなかったしなやかさを発揮する。

ただ、かなり過酷な舗装では、ホンダがまだパーフェクトなサスペンションのチューニングを見いだせていないように感じる。おそらくそれは、コンフォートではわずかばかりやわらかすぎ、スポーツではこれまたいささか動きがぎこちないのだろう。

 
最新試乗記