いま乗るルノー・クリオ・ウィリアムズ 93〜96年生産の「極上」の味とは

公開 : 2017.10.07 08:40  更新 : 2017.10.07 15:00

いま、クリオ・ウィリアズム1を手に入れるなら

調子の良いクリオ・ウィリアズム1を手に入れるなら、£5,000〜6,000(90〜110万円)は必要だ。走れば良いというなら、もっと安く手に入るが、コンディションが最上で走行距離も少ないとなると、かなりの出費を強いられる。

「シリーズ2と3はダッシュボートにプレートがなく、初期モデルよりコレクションとしての価値が下がるんだ。どちらもコンディションの良いものが£4,500(80万円)程度で手に入るけどね」とハートは言う。

クリオ・ウィリアズムは頑丈であり、ボディシェルも強固だが、リアのホイールアーチとシルの底は腐食しやすい。

「リアウインドウのクォーターパネルから水が入り込むので、その辺をよくチェックした方がいい。サビていればすぐ分かるから、問題があれば見ただけで判断できるよ」

重要なパーツの大半は今でも手に入るが、純正のホースや右ハンドルのパワーステアリングラックはもはや入手できない。

ルノーは1996年にこのクルマの生産を中止した。ジャック・ヴィルヌーヴの97年のF1ドライバーズ・チャンピオンシップと、同年のアラン・メニューのBTTCチャンピオンシップが、ルノー・ウィリアムズのコンビ解消前の最後の勝利となった。

レース界におけるこうした功績によってルノーはフランスの他の実用車メーカーよりも上位に立つ存在となり、その成果は歴史に刻まれ、クリオ・ウィリアズムの名はいまだにインパクトを持っている。

このクルマはかつての栄光の日々を思い起こさせるロードカーであり、その登場以来、モータースポーツファンはルノーのすべての高性能モデルに敬意を示している。ルノー・スポールはつましいモデルであったクリオをリエンジニアリングして、弾けるほどホットなクルマに仕立て上げた。

今日でも、クリオ・ウィリアムズの優れた性能とハンドリングとの巧みなブレンドは、色あせない魅力を持っている。エクステリアが控え目なため、大半の自動車ファンが追い求めるモデルではないが、クルマ通ならば誰でもほほえみを浮かべてしまうほど、完璧なハッチバックなのだ。

ルノー・クリオ・ウィリアムズのスペック

生産期間 1993〜1996年
生産台数 12100台
最高速度 216km/h
0-97km/h加速 7.7秒
乾燥重量 990kg
エンジン 直列4気筒1998ccガソリン
最高出力 150ps/6100rpm
最大トルク 17.8kg-m/4500rpm
ギアボックス 5速マニュアル

関連テーマ

 
最新試乗記