30台限定「エリーゼ・カップ260」が英国で公開 250より重いが強力

公開 : 2017.10.23 06:10

ウイング大型化 価格は883万円から

エアロダイナミクスの向上に寄与しているのは、フロントまわりのパーツやリアの大きなウイングなど。どこかで見たことがあるなと思ったのだが、じつはこれ「3イレブン」のものを基本としている。

またこのウイングには、ユニオンジャックの模様があしらわれている。

英国における価格はポルシェ718ケイマンGTSを意識させる£59,500(883万円)から。チタン製のエグゾーストは追加で£4,000(59万円)、カーボンのハードトップは£3,000(45万円)、ブルートゥース接続ができる2スピーカーのオーディオが£400(6万円)で別途必要となる。

なお、AUTOCAR JAPAN上でこの記事をご覧になっている方は、記事下の「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアでこの記事をご覧の方は、記事下に設けられたリンク「ロータス・エリーゼ・カップ250と260の違いをみる」から、250と260がどのように異なるかを画像で見比べることができる。

関連テーマ