アウディR8 V10 プラス ウラカンと異なる独自性を築く 試乗記

公開 : 2017.11.15 11:55  更新 : 2017.11.15 12:38

テスト車両 内外装も注目ポイント

テスト車両のハンサムなモントレー・グリーンのボディ(£3,400)と、キルティング・コニャック・ブラウンのインテリア(£7,000)は、どちらもテーラーメイド・プログラム「アウディ・エクスクルーシブ」のオプションとなる。

ちなみに追加費用なしで、カーボン製のサイドシルとスポイラーを、ボディと同色に塗装することも可能だ。

 

標準のスパイダーと変わらず、サスペンションは4輪ともにダブルウィッシュボーンで、強力なトルクを全ての車輪へ有効に伝達できるクワトロ(4輪駆動)となる。またリアタイヤには機械式のリミテッドスリップデフが備わっている。

アウディでは一般的となったドライブ・セレクト機能で、スロットルマッピングやステアリング、エグゾーストシステムのほか、オプションとなるアダプティブダンパーやギアボックスだけでなく、ドライブトレインの味付けまで変更が可能。

コンフォート、オート、ダイナミックの3モードの下に、それぞれドライ、ウェット、スノーのモードが備わる。設定の幅は非常に多彩で、ボタンひとつで選択可能なインディビジュアル・モードには、好みのセットアップを保存することが可能だ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

        ×